×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


二条駿河屋(nijo-surugaya)



最寄りかつ最もお気に入りの和菓子屋さん。
最初に感動したのはわらび餅。
そんで柏餅。松露。羊羹。祇園祭の葛焼き。なんだったかの冬の生菓子。はなびら餅。

うちのご近所自慢のひとつです。


以下伝聞ですが。
創業 1935(昭和10)年。1年ほど前に代がわり。


[二条駿河屋]京都市中京区二条通新町東入大恩寺町241?1
075-231-4633
9:00〜19:00/日祝定休


                                                    2005年4月〜。

外観。

二条新町東入ル北側。
初めていただいた生菓子。

春ですねー。3月か4月か。
これと、 わらび餅、ここまで。

で、これが衝撃(大袈裟)のわらび餅。





柏餅。
おまんではなく生菓子。
柏の美しさもお餅の透け感も食感も。
すごく期待していただいた竹涼し。
水ようかんですね。
思ったよりもしっかり「羊羹」って感じで、ちょっと意外でした。
もっかいリベンジしてみなければ。


これは冬にいただいた。
表面のちょっと焼けた感じがとても素敵でした。
春の棹菓子。っていうかこれは90度まちがってますよオハズカシイ。 松露。ひとつ80円。
冷凍もできます。
すごいです。


葛焼。330円。

2005年の祇園祭にいただいてい以来忘れられない鮮やかな味の記憶。

2006年6月24日。
ぱかっ。 道明寺のお菓子、観世水。
330円。




2006年6月24日。
ぱかっ。






kyoto index